What's new


2018年4月27日  5月1日~9月30日は夏の軽装期間です

この期間は本学の教職員はノーネクタイ・ノー上着の軽装にて執務を行います. 本学にご来学される方におかれましても,ノーネクタイ・ノー上着のお気軽な軽装でお越し頂ければ幸いです. どうぞよろしくお願い致します.

2018年3月30日  学生の研究発表に対する受賞について

D3の荒井氏が情報処理学会第116回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会で発表した「深層零平均正規化相互相関ネットワーク」が同会の MPSベストプレゼンテーション賞を受賞しました.

2018年3月30日  平成30年度春学期のメンバーについて

卒研配属が決まり,平成30年度春学期の長尾研のメンバーが決まりました. 詳しくは研究室のメンバーをご覧下さい.

2018年3月16日  電子情報通信学会総合大会で学部4年生が学生ポスターセッションに参加

3月20日~23日に東京電機大学で開催される2018年電子情報通信学会総合大会(こちら)で開催される ISS特別企画の「学生ポスターセッション」(こちら)において, 長尾研究室の学部4年生が次のポスター発表を行います.
  • 阪野優太:線形遺伝子型を導入したグラフ構造GP(2018年3月21日)
  • 高石一樹:浸透学習法を用いた時系列データの将来変動予測(2018年3月21日)
  • 佐保田和宏:浸透学習法を用いたマルチモーダル感情推定(2018年3月21日)
  • 宗藤大貴:将棋における直観的指し手のための特徴のクラスタリング(2018年3月21日)
  • 五十嵐大地:浸透学習法を用いたLocalizer実験におけるEEGからの視認物体の推定(2018年3月21日)

2018年3月16日  情報処理学会全国大会で学生が学生奨励賞を受賞

3月13日~15日に早稲田大学で開催された情報処理学会第80回全国大会(こちら)において, 長尾研究室の修士2年生による次の発表に対して,それぞれのセッションの中で優秀な発表に対して与えられる「学生奨励賞」を頂きました.
  • 春日 悠:間取り図面の自動生成に基づくリノベーション支援に関する研究
  • 畠 崇人:探索特性に可塑性を有する進化計算とそのパラメータ獲得
  • 前原良美:違和感検知のための対話的進化計算法を用いた映像可聴化
  • 米田裕哉:骨髄画像を用いた白血病の症例分類システム

2018年2月21日(2/22一部修正)  卒研配属のための学部オープンラボについて

平成30年度の卒研配属のための学部3年生向け「オープンラボ」が開催されます.
長尾研の日程を次に示します(ほぼ同じ内容が情報工学EPのwebサイトにも掲載されています)
長尾研究室
会場(集合場所):総合研究棟 3階 S312室
 ※事前予約は不要ですが集合事項に1人も集まらない回は開催中止となります.また教員の都合により急に中止になる場合があります.
 ※見学は30分~最長1時間程度です.各回とも内容は同じです.
■ 2/28(水) 13:00集合(第1回)
  3/ 6(火) 13:00集合(第2回)
  3/ 7(水) 13:00集合(第3回)(最終回)
 ※この研究紹介では,通常の来客者に対する研究室紹介とは異なり,来年度に実施予定の研究内容などについて通常非公開の内容についても説明がありますので, 長尾研を志望する人は(一度見学に来た人も含めて)できればいずれかの回に参加するようにして下さい.

2018年2月9日  2月20日(火)午後の卒論・課題研究発表会で長尾研が発表します

2月19日(月)~20日(火)に開催される予定の本年度の情報工学EPの卒業論文・課題研究(飛び級生による卒論に相当)発表会において, 2月20日(火)14:45から長尾研の5名の卒論生と1名の飛び級生が発表を行います.卒研で志望する研究室を決める上での参考になりますので,学部3年生の 方で長尾研を志望する人は,できれば参加して発表を聞くようにして下さい.場所は環境情報1号棟515室です.事前登録は不要です. 直接,会場にお越し下さい.

2017年11月7日  長尾研M1の平山さんが雑誌AERAに掲載されました

数物・電子情報系学科 情報工学EP初の早期卒業生である長尾研M1(修士課程1年生)の平山さんが,早期卒業に関する取材を受けて,AERA(本誌並びにウェブ)に掲載されました.

★ウェブ掲載先はこちら↓
“時間もお金も節約 半年から1年早く卒業できる大学”(AERA dot. (アエラドット))

2017年10月19日  D1柳元&M1平山が Smartstones Prize at BCI Hackathon を受賞

博士課程1年の柳元美玖さんと修士課程1年の平山千明さんが,それぞれ自分の研究発表のため IEEE Systems, Man, and Cybernetics 2017 (SMC-2017) に参加しました.その際に同時開催されたプログラミングコンテストである BCI (Brain-Computer Interface) Hackathon に参加して Smartstones Prize を受賞 しました.大学院のHPでの記載は(こちら).

2017年9月30日  長尾研究室メンバーを更新しました

長尾研メンバー紹介ページ(こちら)を2017年10月1日時点のものにしました.

2017年9月27日  長尾教授が11月28日開催の「YNU研究イノベーション・シンポジウム2017」で講演します

11月28日(火)13:00~17:00(12:00開場)で開催される本学主催イベントにて長尾教授が講演を担当します.
詳しくはこちらをご参照下さい. プログラムはこちら,参加申込みはこちらです.

2017年9月20日  長尾教授が秋学期に担当する講義ページの内容を更新しました

本年度,秋学期に長尾教授が担当する講義に関するページ(こちら)を更新しました.

2017年9月5日  長尾教授が学外で担当するセミナー・イベントの情報を更新しました

今後,長尾教授が学外で担当するセミナーやイベントの情報(こちら)を更新しました. ご興味がおありの方はご覧下さい.

2017年8月24日  長尾教授が全学公開講座で講演を担当します

本学と読売新聞横浜支局との共催の公開講座(YY講座)「コンピュータによる予測技術の最前線」が8月28日(月),29日(火),31日(木) に本学で開催され,長尾教授が8月31日(木)17:00~18:00に講演を担当します. 横浜国立大学のHPでの掲載ページはこちら

2017年7月25日  長尾研D3の菅沼雅徳君がGECCO-2017でベストペーパー賞を受賞しました

2019年7月15日から19日までベルリンで開催された進化計算分野のトップカンファレンスであるGECCO-2017 (Genetic and Evolutionary Computation Conference)において,長尾研博士課程後期3年生の菅沼雅徳君が発表した論文がベストペーパー賞を受賞しました. これまで日本人でこの賞を受賞した人は数人しかおらず,快挙です. 受賞となった論文は,M.Suganuma, S. Shirakawa and T. Nagao: A Genetic Programming Approach to Designing Convolutional Neural Network Architecturesであり, これまで経験的にしか設計できなかったdeep neural networkの構造を世界に先んじて進化計算法で最適化する画期的な手法を提案したものであり, 学会で高く評価されて受賞となりました.横浜国立大学のHPでの掲載ページはこちら. 大学院環境情報学府HPでの掲載ページはこちら

2017年7月25日  外部資金高額獲得者の一人として長尾教授が表彰されました

平成28年度に5,000万円以上の高額な外部資金を獲得した教員の一人として長尾教授が学長から表彰されました.

2017年7月19日  学部オープンキャンパス(8/5(土)~8/6(日))で研究室公開を行います

 8月5日(土)~6日(日)に開催される横浜国立大学・オープンキャンパス(詳細はこちら) での情報工学EPの研究室見学会で長尾研究室の公開を行います.奮ってご参加下さい.

2017年7月10日  7月12日(水)にD3菅沼君の博士論文公聴会を開催します

 7月12日(水)13:00-14:30に総合研究棟・S113室において,長尾研究室博士課程後期3年生の菅沼雅徳君の博士論文公聴会を開催します. 博士論文の題目は「動画像における顕著性のあるイベント検出に関する研究(A Study on Salient Event Detection in Videos)」です.

2017年5月15日  恒例の春の研究室合宿を実施しました

 去る5月13日(土)~14日(日)に恒例となっている春の研究室合宿を実施しました. 今回は箱根仙石原温泉の箱根パウエル様に1泊2日でお世話になりました. 初日は屋内バーベキューと,4月に配属されたばかりの学部4年生によるAI-MARIOコンテストの発表会(機械学習でMARIOを動かして点数を競う競技会)を行ない, 夜は懇親会のビンゴ大会で盛り上がりました. 今年のAI-MARIOはニューラルネットワーク・進化計算法・強化学習のいずれかを組み合わせた手法が多く,いずれも戦略的で興味深い動きをするMARIOを作ることができていました. 研究室のメンバー間の相互理解も多いに深まり,大変有意義な合宿となりました. 宿の皆様に御礼申し上げます.

2017年4月5日  GECCO-2017採択論文がarXivにて公開されました

 この度,長尾研D3の菅沼雅徳君が筆頭著者で進化計算法のトップカンファレンスであるGECCO-2017( こちら)に投稿して採択された論文( Masanori Suganuma, Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: A Genetic Programming Approach to Designing Convolutional Neural Network Architectures )が arXiv にて公開されました(こちら). 本論文は,とかく職人芸になりがちな深層学習(deep learning)におけるCNN(Convolutional Neural Network)の設計を進化計算法によって自動化する手法を提案したものであり, 認識精度も世界トップクラスを達成しています. ご関心がおありの方はこちらからご参照下さい.

2017年4月4日  ROUTEプロジェクト成果報告会が開催されました

 3月31日に平成28年度秋学期のROUTEプロジェクトの成果報告会(ポスター発表)が共同研究推進センターで開催されました. 情報工学EPからは長尾研・吉岡研・白川研から各1名が発表しました(発表の様子はこちら). 指導教員を含む多数の人が参加して大いに賑わいました.
---------- 2017年3月31日までのお知らせは削除しました(2018年3月30日) ----------

長尾研究室ホームページへ